目次

次世代画像フォーマットWebP画像の作り方

Google公式ツールを用いたWebP画像の作成、WebP画像をPNGに変換する方法を学びます。


PREPARATION


想定する読者と前提条件

パソコンの基本操作ができること。HTMLの基礎がわかっていると良い。 実際にWebP画像を使用しているため、対応ブラウザでの閲覧を推奨します。


START


そもそもWebPとは?

WebP(ウェッピー)は、JPEGやPNG,GIFと同じように、Webで利用できる新しい画像形式です。

可逆圧縮(ロスレス)および非可逆圧縮の両方をサポートしています。

WebPの可逆圧縮画像は、PNGと比較してサイズが26%小さくなり、非可逆圧縮では、JPEG画像よりも25〜34%小さくすることができます。

可逆圧縮、非可逆圧縮両方で透明度(8bitのアルファチャンネル)をサポートし、アニメーション画像もサポートしています。

つまり、WebPはJPG,PNG,アニメーションGIF全ての性質を網羅した万能フォーマットと言えます。

WebP公式サイト

IEは2020年10月現在対応していません。(ついにiPhoneも対応しました!)

画像形式の比較
ファイルの種類 読み方 色数 透明度 圧縮方式 MIME type 拡張子
BMP ビットマップ(ビーエムピー) フルカラー × 非圧縮 image/bmp .bmp
GIF ジフ 256色 可逆圧縮 image/gif .gif
JPEG ジェイペグ フルカラー × 可逆圧縮/非可逆圧縮 image/jpeg .jpg, .jpeg
PNG ピング 最大フルカラー 可逆圧縮 image/png .png
APNG エーピング 最大フルカラー 可逆圧縮 image/apng .apng
SVG(ベクタ形式) エスブイジー フルカラー - image/svg+xml .svg
WebP ウェッピー フルカラー 可逆圧縮/非可逆圧縮 image/webp .webp

可逆圧縮とは、画像圧縮後に復号した画像が元画像と一致する方式。
非(不)可逆圧縮とは、画像圧縮後に復号した画像(表示したもの)が元画像と一致しない方式。

WebP公式ツールのダウンロード

ここでは、Windows環境でWebP画像を作成することができる公式ツールのダウンロードを行います。

2-1WebP公式サイトにアクセス

では、早速WebPの公式サイトにアクセスしてみましょう。下記WebP公式サイトをクリックし、アクセスしてください。

WebP公式サイト

2-2Precompiled Utilitiesを開く

上部ナビゲーションより「サポート」をクリックしてください。左のサイドバーより「Precompiled Utilities」をクリックします。

2-3downloads repositoryを開く

downloads repositoryに移動してください。

Windowsの32bitバージョンの場合「libwebp-1.0.3-windows-x86.zip」、64bitバージョンの場合「libwebp-1.0.3-windows-x64.zip」を使用します。 ここでは、64bitバージョンとして進めていきますので、32bitの方は適宜読み替えてください。

では、「libwebp-1.0.3-windows-x64.zip」をダウンロードし、デスクトップに解凍します。

最新版は、libwebp-1.2.0-windows-x64.zipをご利用ください。

2-4解凍フォルダの名前変更

解凍したフォルダ名をlibwebpに変更してください。

フォルダを開くといくつかファイルがありますが、今回使用するものはbinフォルダのものだけです。

公式WebPツールの使い方

先程解凍したフォルダの中にアプリケーションが保存されているbinフォルダがあります。

今回はPNG、JPG、アニメーションGIFをWebPに変換するアプリケーションの使い方を見ていきましょう。

画像(PNG,JPG)をWebPに変換するには?

binフォルダ内のcwebp.exeは、画像ファイル(PNG, JPEG, TIFF or WebP)をWebPにエンコードするためのアプリケーションです。

ここでは、cwebp.exeを使用して画像をWebP形式に変換する方法をご紹介します。 コマンドライン上から次のコマンドを入力し実行すると、入力画像ファイルをwebp画像に変換することができます。

cwebp 入力画像ファイル名 -o 出力画像ファイル名

この記述方法では、非可逆圧縮で画像ファイルをWebP形式に圧縮します。

cwebp image.jpg -o image.webp
元JPG画像[75.6KB]
WebP画像[26.6KB]

出力されるwebPフォーマットの画像品質を設定することもできます。初期値は75で0〜100まで設定可能です。

cwebp image.jpg -q 80 -o image.webp
cwebp image.jpg -q 100 -o image.webp
品質0設定[4.94KB]
品質50設定[20.6KB]
品質80設定[32.2KB]
品質100設定[94.5KB]

標準的な圧縮では非可逆圧縮で処理されますが、オプション機能-losslessを使用すると可逆圧縮で処理させる事ができます。 通常この指定は、PNGに最適です。

cwebp -lossless image.png -o image.webp
元ファイル[126KB]
-losslessで変換[46.3KB]
非可逆圧縮で変換[19.5KB]

ロスレス圧縮モードをレベル0〜9で設定することもできます。レベル0が最も速く、9が最も遅くなります。高速モードでは、低速のファイルよりもファイルサイズが大きくなります。適切なデフォルトは-z 6です。

cwebp -z 6 image.png -o image.webp
cwebp -z 9 image.png -o image.webp
レベル0[73.5KB]
レベル5[46.3KB]
レベル9[44.6KB]

WebPでは、圧縮する画像の内容(写真や図形等)によって設定されているデフォルトのプリセットを呼び出すことができます。 default, photo, picture, drawing, icon, textが使用できます。

cwebp -preset drawing image.png -o image.webp
cwebp -preset text image.png -o image.webp
photo[18.7KB]
drawing[20.8KB]
text[21.6KB]

その他詳細なオプションについては、Readme.txtに記載がありますので参照ください。

アニメーションGIFをWebPに変換するには?

gif2webp.exeは、アニメーションGIFを、アニメーションWebPファイルに変換することができます。

gif2webp 入力画像ファイル名 -o 出力画像ファイル名

gif2webp image.gif -o image.webp
元GIF画像[31.4KB]
WebPアニメーション[20.3KB]

出力されるwebPフォーマットの画像品質を設定することもできます。初期値は75で0〜100まで設定可能です。

gif2webp -q 70 image.gif -o image.webp

標準的な圧縮では可逆圧縮で処理されますが、-lossyを使用すると非可逆圧縮で処理させる事ができます。

gif2webp -lossy picture.gif -o picture.webp

その他詳細なオプションについては、Readme.txtに記載がありますので参照ください。

画像の一括変換をしてみよう

先程説明した方法は、コマンドラインから1ファイル毎に処理する方法をご紹介しましたが、 1つ1つ手作業で画像を変換したくはありませんよね?

そこで、簡単なバッチファイルを作成し、PNG、JPG、GIFで処理を分け、自動的にWebPに変換してみましょう。

4-1バッチファイルの作成

libwebpフォルダを開き、フォルダ内を右クリックし、「新規作成」→「テキストドキュメント」を作成し、ファイル名を「webp-convert.bat」に変更してください。 バッチファイルとは、コマンドプロンプトに実行させたい命令を記述したものです。 今回は画像が入っているフォルダのファイルをJPG,PNG,GIF毎に指定した圧縮方法でwepbに一括変換します。

4-2バッチファイルの編集

webp-convert.batを右クリックし、編集をクリックします。メモ帳が起動しますので、下記コードをコピーペーストしてください。

webp-convert.bat

@echo off

PATH = C:\Users\XXXXX\Desktop\libwebp\bin;%PATH%

FOR /R  %1 %%f IN (*.png ,*.jpg ,*.gif) DO (
    CALL :WEBP %%f
)
EXIT /B

:WEBP
    IF "%~x1" == ".png" IF NOT EXIST %~dpn1.webp CALL :PNG %1
    IF "%~x1" == ".jpg" IF NOT EXIST %~dpn1.webp CALL :JPG %1
    IF "%~x1" == ".gif" IF NOT EXIST %~dpn1.webp CALL :GIF %1
EXIT /B

:PNG
    cwebp -lossless %1 -o %~dpn1.webp
EXIT /B

:JPG
    cwebp  %1 -o %~dpn1.webp
EXIT /B

:GIF
    gif2webp %1 -o %~dpn1.webp
EXIT /B

いくつか注意点があります。このバッチファイルは、バッチファイルにドラッグしたフォルダ内の画像をwebpに変換します。 変換対象は、.png,.jpg,.gifの拡張子を持つ画像ファイルです。 元の画像ファイル名はそのまま維持され、拡張子を.webpとしたファイルが同一フォルダ内に新たに作成されます。(元ファイルはそのまま残ります。) すでに同名のwebpファイルがある場合には何も処理しません。(設定を変更し再作成する場合には、既存のwebpファイルを削除してください。) このバッチファイルは、どこに配置しても動作します。必要であればデスクトップに置いても問題ありません。

  • C:\Users\XXXXX\Desktop\libwebp\binは、皆さんのデスクトップに解凍したlibwebpフォルダのパスと一致させてください。 (この後説明します。)
  • cwebp -lossless %1 -o %~dpn1.webpは、PNGの圧縮方式を可逆圧縮としています。
  • cwebp %1 -o %~dpn1.webpは、JPGの圧縮方式を非可逆圧縮としています。
  • gif2webp %1 -o %~dpn1.webpは、GIFの圧縮方式を可逆圧縮としています。
  • %1には変換前の画像ファイル名(パス含む)が入ります。
  • %~dpn1には拡張子を除いたファイル名(パス含む)が入ります。

これらの設定を変更することで、PNG,JPG,GIFの圧縮方式を変更することができます。

4-3フォルダパスのコピー

libwebpフォルダのアドレスバーをクリックし、アドレスをCTRL+Cでコピーしてください。

4-4フォルダパスの貼り付け

webp-convert.batのPATH部分を選択(?binは除く)し、CTRL+Vで貼り付け、上書き保存しファイルを閉じてください。

4-5画像フォルダのドラッグ

webp-convert.batに皆さんの画像が入っているフォルダをドラッグしてください。 ドラッグしたフォルダにWebP画像が作成されます。

4-6Webp画像の確認

画像フォルダ内にwebp画像があることを確認してください。閲覧するためには、binフォルダ内のvwebp.exeにwebp画像をドラッグすることで閲覧可能です。

または、Windows標準のペイントでも閲覧することが可能です。

WebP画像をPNGに変換してみよう

WebP画像の相互変換を実現する為、WebPをPNGに変換してみましょう。(意外と需要がありそうですね)

WebPをPNGに変換するには?

dwebp.exeは、WebP画像をPNG画像に変換することができます。(JPGは不可)

dwebp 入力画像ファイル名(WebP) -o 出力画像ファイル名(PNG)

dwebp picture.webp -o output.png

このツールではJPGに変換できませんのでご注意ください。

WebPをPNGに一括変換するには?

先ほど作成したwebp-convert.batを少し変更して、webp画像があった場合PNGファイルに変換する処理を追加してみます。 この処理では、同じ名前のPNGファイルが既にある場合には何も処理しません。無い場合にのみ、WebP画像をPNGに変換します。

webp-convert.bat(PNG変換対応版)

@echo off
PATH = C:\Users\XXXXX\Desktop\libwebp\bin;%PATH%

FOR /R  %1 %%f IN (*.png ,*.jpg ,*.gif ,*.webp) DO (
    CALL :WEBP %%f
)
EXIT /B

:WEBP
    IF "%~x1" == ".png" IF NOT EXIST %~dpn1.webp CALL :PNG %1
    IF "%~x1" == ".jpg" IF NOT EXIST %~dpn1.webp CALL :JPG %1
    IF "%~x1" == ".gif" IF NOT EXIST %~dpn1.webp CALL :GIF %1
    IF "%~x1" == ".webp" IF NOT EXIST %~dpn1.png IF NOT EXIST %~dpn1.jpg CALL :DWEBP %1
EXIT /B

:PNG
    cwebp -lossless %1 -o %~dpn1.webp
EXIT /B

:JPG
    cwebp  %1 -o %~dpn1.webp
EXIT /B

:GIF
    gif2webp %1 -o %~dpn1.webp
EXIT /B
:DWEBP
    dwebp %1 -o %~dpn1.png
EXIT /B


COMPLETE


  • avatar
    お疲れ様でした!

    今回はWebPの相互変換方法を学びました。ブラウザの対応が待たれる状況ではありますが作り方はしっかり押さえておきましょう。

    現在WebPを使用するためには、色々と細工をする必要があります。 Webページでの表示に関しては、下記ページに詳しく記載がありますので参照してください。 以下サンプルとして、htaccessを用いてwebpに対応した環境であればwebp画像を表示させるコードを掲載します。 jpgやpngと同じ名前のwebp画像が同じフォルダにある場合のみ動作します。

    Serving WebP Images to Visitors Using HTML Elements

htaccessサンプルコード

#apache用webpファイル表示用htaccessサンプルコード
<ifModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On 
  RewriteCond %{HTTP_ACCEPT} image/webp
  RewriteCond %{REQUEST_URI}  (?i)(.*)(\.jpe?g|\.png)$ 
  RewriteCond %{DOCUMENT_ROOT}%1.webp -f
  RewriteRule (?i)(.*)(\.jpe?g|\.png)$ %1\.webp [L,T=image/webp,R] 
</IfModule>

<IfModule mod_headers.c>
  Header append Vary Accept env=REDIRECT_accept
</IfModule>

AddType image/webp .webp


SKILL


習得スキルボード

  • WebPの相互変換・閲覧方法

コメント